レベロック

特徴

製品紹介

product

断面図

レベロック(水平ブロック)

優れた構造安定性

ブロック練り積み擁壁としての壁体重量、一体性、コンクリート強度等は標準設計と同等以上となっており、一般的な積ブロックと同様の仕様が可能です。

施工が簡単、安全、早い

ブロックはどのサイズ、どの勾配でもすべて水平自立するため、熟練工でなくても、誰でも簡単に、安全に、短期間に施工できます。

優れた経済性

製品のサイズが1㎡/個と大型なため、重機施工となり積みスピードが大幅にアップします。さらに、裏コン対応用のブロックを使用することで裏型枠・裏コン作業が不要となりさらなる低コストの施工が可能となります。

あらゆる環境にマッチ

ブロック表面の模様は自然景観にもよくなじむ石模様です。

基礎ブロック

明度証明書

数量表

施工要領

レベロック(水平ブロック)

レベロック(基礎ブロック)

1.基礎ブロックの布設

均しコンクリートを設置した後、所定の位置に基礎ブロックを布設し、間詰コンクリートを天端まで打設します。

2.1段目のブロック布設

ブロックを布設した後、ブロックの裏側を良質土、又は裏込材で埋戻し、間詰コンクリートをブロックの半分程度まで打設します。

3.2段目のブロック布設

ブロックを布設した後、裏込材を充填し、間詰コンクリートをブロックの半分程度まで打設します。(必要に応じて水抜きパイプを設置)

4.天端コンクリート

天端コンクリート施工して完了です。